スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

春に向けて買い物

昨日、今日と連休だったので、久々に買い物行ってきました。
昨日はHMVに相方と行って、木村カエラのニューアルバム「Scratch」を購入!
いやぁ・・・カエラちゃんはやっぱいいなぁ。
最近出したシングル、カップリング全て入ってたしね。
てか、俺シングル全部買ってたんですけど、意味ないじゃんTT
でもいいのです、だってかわいいからw
あ、そうそう。
今回のツアーでなんとカエラちゃんが高崎フリーズに来るらしいのです!
こりゃもうチケット取るしかないでしょ!
あぁ、でも先行発売逃したんだよなぁ・・・。
一般発売で頑張って取るぞ、こんちくしょう。

明けて今日は街に服を買いに。
以下の2点を買ってきました。
カーデ

これはディスカバードのニットカーディガン。
こういう柄物も春ならいいですよねぇ。
結構派手なアイテムが多いディスカバードですが、このくらいならいいアクセントとして取り入れられそうなので購入しましたw
ニットコート

こっちが今回の買い物の大本命。
ファクトタムのニットコート。(ニットガウンとも言う)
今回の春夏から東京コレクションデビューしたファクトタムなのですが、ここいいブランドですよ、マジで。
と、言うのもこのブランド、デビューしたときから知っているのですが、デザイナー(有働さん)がラウンジリザードの元ショップ店長なのですよ。
俺は一時期東京に住んでいたこともあって、原宿のラウンジリザードにはちょくちょく通っていたんですね。
そのとき店長の有働さんにもよくお世話になったりで・・・。
そんな経緯もあって、ファクトタムにはずっと注目していたのですが・・・まさかこんなに大きなブランドになるとはw
今や各雑誌にも大きく取り上げられてますし、特集なんかも組まれちゃったりで、嬉しい限りです。
今回の春夏はニットコートをはじめ、シャツ、ブルゾンと一貫してクリーンなイメージ漂うコレクションになっています。
色も黒、白、グレー、サックスブルーとクリーンな色ばかり。
毎シーズンクリーンさをウリにしているブランドですが、今回は今まで以上に前面に出してきてる気がします。
このニットコートはニットを二重織りしたような作りになっているので、見た目より厚く仕上がっていて型崩れしなくていい感じです。
一見、合わせづらそうですがアウターとして普通に着られますし、インナーにしてレイヤードを楽しんでも面白そうです。
Vニット

これは番外編。
去年の秋冬のファクトタムのVニット。
実はコレ友達からもらったものなのです。
なんでも普通に洗濯されてしまい、縮んで着れなくなったらすぃ・・・。
裾の部分がヨレヨレになっていたので、軽く折り返して縫いましたw
普通に着れたので、大事に着用していこうと思いまふ。

この3点はいずれも中に白いシャツを合わせて着ようと考えています。
3点ともネック部分が広いので、襟付きの白いシャツなら春らしくきまると思いますしね。
パンツは細身が気分ですが、太めでも合いそうですねぇ。

はぁ、早く春にならないかなぁ。
以上、女の子みたいな日記でした。
スポンサーサイト
16:18 | 趣味 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

映画

最近、4本観ました。
1本はDVDですけどね。
「プラダを着た悪魔」
「マリー・アントワネット」
「幸せのちから」
の映画3本に
「嫌われ松子の一生」
のDVD1本。

映画は3本とも微妙だったなぁ・・・。
「プラダ~」はストーリー云々より、完璧に服とメイクがメインだったような・・・。
あ、「マリー・アントワネット」も同じ印象でしたね。
この2本はとにかく、美術関係じゃ桁外れにかっこよかったです。
女の子は結構好きなんじゃないでしょうか?

「幸せの~」は結構期待してたんですが、なんとも・・・。
ウィル・スミスの演技が良かっただけに、もったいない感じがしました。
もうちょいストーリーを掘り下げてもらいたかったかなぁ。
なんかね、ラストの幸福感よりもそれまでの不幸感のほうが印象強くてですね・・・。
あまりに不幸なんで、そっちで泣きそうでしたよTT

「嫌われ松子」は面白かった!
いや、これはマジ。
全体的に暗い話なんだけど、ミュージカル調に仕上げられてたり、キャスティングも多彩だったり、ちょいダークな笑いもあったりで、エンターティンメント性は抜群。
中谷美紀のコロコロ変わる演技も毎回新鮮だったし、ゆる~い瑛太もいい味出してました。
久々にいい映画観れたなぁと素直に思えた作品でした。
ただ・・・



俺はこんな人生送りたくないですけどねw
01:00 | 趣味 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

東京の服屋

東京で一人暮らししてた頃のお話。
東京の服屋って対応冷たくないすか?
いや、ビームスとかアローズみたいな大規模なセレクトショップは別なのですが、一部いわゆる当時カリスマブランドと呼ばれていた服屋なのですが、やけに対応が冷たかった覚えがあります。
そういえば、少し前のスマスマで香取慎吾がこんなことを話してましたね。

「僕、服は雑誌を見て気に入ったのがあると、そのお店に電話して、道のり聞いて、お店に行って買い物するんですよ。でもね、大概店員の対応が悪いんですよ。道聞いても分かりやすく説明もしてくれないし、話し方もダラダラ。正直頭くるんですけど我慢して何とかお店に着く。するとスマップの香取慎吾だって分かるじゃないですか。その途端態度が急変して、腰が低くなるんですよね。あ、でもちゃんと服はしっかり買って行きますけどw」

俺も全く同じ経験ありますね。
しかも俺の場合、ただの一般人なので店員の腰が低くなるはずもなく・・・。
来店しても「いらっしゃいませ」の一言もありゃしない始末。
接客なんかもちろんないですよ。
でも、気に入った服があればもちろん買っちゃうわけですがw
どうなんですかね。
もったいないですよねぇ。
せっかくいい服作ってるのに、売る側の人間がこんなんじゃなぁ。
もちろんこういう有名なブランドのお店が全部こんなんじゃないですけどね。
よくよく気がつくと、今自分が愛用してる服のブランドは接客もしっかりしてるなぁと思いますね。
いくつかあるブランドの内、東京のショップに行ったことがあるのは2店舗だけですが、接客もとても親切でした。
群馬で取り扱ってるセレクトショップの接客も感じ良いですしね。
やはり接客は大事ですね。

自分が好きなブランドのHPを載せとくので、気が向いたら見てくださいな。ちなみにどれも細身の服ですがw

1番好きなブランド、ラウンジリザードの公式HP
http://www2.odn.ne.jp/~aao90740/

ここでネット通販も取り扱ってます。俺はカタログ程度に見てます。
同時に取り扱ってるファクトタム、プレッジもかっこいいっすよ。
http://www.usjma.jp/~smallking/

さて、写真撮りも終わったし、明日には車の入金も済むし、色々落ち着けそうです。
ただ、服は当分買えそうもないですね。
しばらくはカタログなり見て気を紛らわしますか。
00:19 | 趣味 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。